2017年9月29日金曜日

レッスンの良さ

今日はあまり練習をして来られなかったけど、来てよかったです、とギターコースの生徒さんから言われて嬉しかったです。教室で実際に先生の模範だったり指摘だったりそういうものを聞くことによって必ず得るものはあります。
来週はギターコースは講師の演奏スケジュールがあるためお休みです。ピアノは通常どおり水曜あります。 ピアノもみなさんだんだんと上達してきたと聞いております!
たくさんの生徒さんが10/6の私の出演する演奏会のチケットを買ってくださり楽しみにしてくださっています。頑張ります。

2017年9月6日水曜日

涼しくなってきましたね。秋ですね。
今日は雨ですが教室は夏休み明けてからすっかり賑やかになってきました。夏休みで帰省をしていた生徒さんも元気に戻ってきてくれて嬉しく思います。
今日は地域の子ども達がたくさん教室に遊びに来てくれた!?ようです。
講師のこちらも子供たちから元気をもらいます。
ギターコースの大手文明出演の演奏会も来月 10/6に迫りました。時が経つのは早いです。
私がここ南荻窪に来てからも9/7でちょうど1年になります。早い。

2017年8月25日金曜日

昨日そして今日

昨日はピアノコース、今日はギターコースのレッスンでした。暑い中ご苦労さまでした。
お盆も明けて教室もまた頑張ってやっていきます。
ギター講師の大手文明が出演する演奏会が10/6となっています。そちらもよろしくお願いします。その音色、音楽の魅力をもっともっとたくさんの方々に知っていただきたいです。

2017年8月9日水曜日

8月の開講日程について

明日はピアノコースのレッスン日です。お盆休み前の最後のレッスンの予定です。
子供ピアノコース生徒さん頑張ってきてくれています。

ギターの子供コースは準備中です。いま構想を練っています。
海外では当たり前のようにたくさんの子供達がギターを学んでいます。
ギター界の将来を考えれば子供達を育てていかねば、という考えを持っています。

また次第にギターコースも興味を持ってくださる方が増えてきているように感じます。始めるまでは、生徒さん側として「私に果たしてできるのであろうか」といった不安などがあったりするかと思いますが、あなたのペースでゆっくりやっていきますのでご安心ください。主に趣味の方を対象としているので敷居も低いかと思います。先生も優しく丁寧に指導します。気軽にどうぞ。

明後日木曜がお盆休み前の最後のレッスンとなっています。
私はお盆休み期間は、10月の演奏会に向けた練習期間に充てます。休みといったものはありません。今年はどこかに行ったりする予定もありません。去年の今頃はドイツ、チェコの音楽祭に参加して公開レッスンなどを受講してきました。早いものであれから1年経ちます。

さて明日も頑張っていきましょう。


ピアノコース今月のスケジュール
8月9(水)・23(水)・30(水)
ギターコースの今月のスケジュール
8月10(木)・19(土)・21(月)・24(木)・26(土)・28(月)・31(木)

となっております。月途中からのレッスンスタートについての月謝については応相談でお願いします。8月3日受講生は3・24・31の3回レッスンとなっていますので10日はお休みになりますのでご注意ください。前回レッスンでお伝えした通りです。疑問点などあればご連絡ください。

代表 

2017年7月30日日曜日

教室のプリペットの草

今日はじめじめとしてますね!雨も降りました。
教室の外観も綺麗にせねばということで伸びていたプリペットの葉っぱをカットしました。けっこう大変なものですね。
また頑張りましょう!

2017年7月29日土曜日

本日のレッスンノート

まったくの初心者から初めて6ヶ月たったギターコースの生徒さん かなり上達してきました。前半はエデンの東を弾き、後半は親指P指の響かせ方を曲の中での実例それから手本を見せながら進めていきました。
和音弾きとコードを弾くのも上達してきて嬉しく思います。よく練習をしてきてくれます。何かソロが弾けるようにしたいですね!
ピアノコースもみなさん上達してきました。
来年は教室として発表会を目標にしたいです。

また本日 ギター講師の大手文明出演の演奏会チラシを入れました。ご自由にお持ちください。

2017年7月21日金曜日

ギターもメンテナンス

ピアノの調律だけでなく、ギターもメンテナンスが大切です。
今回 メインで使用するカナダのフリッツ・ミュラーをお世話になっている岐阜の9notesの勝田氏にしていただきました。(生徒さんの楽器のメンテナンスも勝田氏に依頼した実績があります。生徒さんも満足しています)
フリッツ・ミュラーは常識にとらわれない非常に斬新な構造をしておりフレットの交換が困難なのではないかという見解もありました。
しかし、勝田氏は見事に、美しくそれを実現。作業は非常に大変であったこと想像できます。楽器のもつ潜在能力をさらに引き出してくれた印象です。
製作家の方の熱意に恥じないような演奏をしていけるように努力します。

ギターコース 大手文明